グルメ限定のカタログギフト

カタログギフトは、子供向けのおもちゃがあったり、趣味のものがあったり、インテリア雑貨、キッチン用品など、様々な年代や家族構成の人に、万遍なく喜んでもらえるようになったものが多いです。
私がこれまでに、引き出物などで頂いたカタログギフトは、そのようなタイプのものばかりでした。
様々なジャンルの中から、自分の欲しいものをセレクトする楽しさはありましたが、どうしても、同じジャンルの中での商品数は少なくなってしまい、浅くて広いという印象になります。

しかし、先日、インターネットの抽選で当選したカタログギフトは、グルメに焦点を絞ったものでした。
蟹、高級和牛、寄せ鍋のセット、高級缶詰、麺類の詰め合わせ、高級ドレッシングなど、恐らく一万円近くすると思われる商品ばかりなので、あれもこれも欲しくなり目移りして困るほどでした。
蟹と一言でいっても、タラバガニ、松葉ガニ、毛ガニの単独パックもあれば、数種類詰め合わせたものもあり、鍋用、しゃぶしゃぶ用といった用途別、また脚だけなど、様々な種類があり、蟹というジャンルの中でも、カタログの中で数ページにわたって紹介されています。
和牛も同じく、産地別、用途別でたくさんの中から選べるようになっていました。
高級食材をいただける滅多にないチャンスなので、ゆっくりとカタログをめくっても、その日中には決断できず、いくつか候補を絞りこみ付箋を立ててから、数日後下関フグの唐揚げセットに決めました。
下関産のフグに衣がつけてあり、家で揚げるだけで唐揚げが楽しめる品です。
商品が到着してから冷凍し、いただくのを家族みんなで楽しみにしていました。
自分達だけでいただくのは、勿体ない気がしたので、近くに住む実家の両親にも少しおすそ分けし、カタログギフトから選んだことを話して、食事中もその話に花が咲きました。

この、当選したカタログギフトの一件で、グルメに関心のない人は、そういないと思われるので、受取人が健康な人なら、グルメ専門のカタログギフトもアリだなぁと思いました。
グルメ以外でも、受取人ととても親しく、好みが詳しく分かるようなら、総合カタログではなくある程度限定されたジャンルのカタログでも、喜ばれるかもしれません。
生活に絶対必要な物は、自分でお金を出して既に持っていますが、前からちょっと欲しかった品や、自分で買うには少し贅沢なものなどをいただくと、大変嬉しいものです。
品そのものだと、そこまでピンポイントに相手を理解するのは難しいですが、カタログなら、相手に選んでもらえるので、いちばん欲しいものをプレゼントできて、とても喜ばれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*