カタログギフトのメリットとデメリット

昨年結婚式を挙げる事になり、引き出は何が良いか、会場のプランナーの方と話し合いをしました。
そこで、今最も人気となっているのがカタログギフトだと進めていただきました。
過去に私もいくつか結婚式に出席しましたが、個性的な引きで物にされている人もいましたが、多くのひとにカタログギフトの引き出物を頂いてきました。

お家に帰ってカタログを広げながら、自分の欲しい物を選ぶという楽しみもありましたし、食品などの消費できる引き出物なら助かりますが、飾っておく物や、趣味に合わないお皿、食器類等は、正直場所を取ってしまい困ってしまう事の方が多かったです。
その点このカタログギフトだと、食器類も趣味に合う物があれば注文することができますし、そうでなければ、食品等の消費できる物を選ぶ事が出来るのでたすかりました!わたしが過去に注文したカタログギフトは、実用的の物で、フライパンや、アイロンなどでしたが、届いた商品も何年も使えるほど立派な物で、とても感謝をした覚えがあります。
実際に私がひきで物を選ぶ立場に立ってみて、カタログギフトの詳しい内容や、お値段その内訳をきける事になったのですがカタログギフトは全ての商品が同じくらいの価値がある訳ではなく、中には数百円で手に入るもの、中には高価な物と一冊の中にランダムに商品が並べられているそうです。

なので、お一人1500円相当のカタログギフトを注文した場合、ある人はそれ相応の商品を後日手にする事ができるけれども、ある人は少し損をするといったような仕組みになっているのだそうです。
また、そのカタログギフトを用意する側が一冊1500円のカタログギフトを用意したとしても実際に中に掲載されている商品は平均すると1000円ほどで、差額の500円分はカタログを作るシステム料、送料などに当てられてしまうのだそうです。
そうなってくると、送る側がカタログギフトではなく、一つ贈り物を決めて準備した方が、システム料等を取られる事もなく、購入金額をそのまま、プレゼントに還元する事ができるのです。
このメリットとデメリットを加味した上で、私自身はカタログギフトを引き出物にするのを辞めて、そのかわりゲストの年齢、性別、趣味、既婚か未婚か、子供はいるかなどの細かいデータ分けをして、100人いるゲストに対し、それぞれに違った引き出物を準備しました。
ただしこの作業は結構時間がかかってしまいますし、もし期待に添えなかった場合に申し訳ないので、カタログギフトは無難なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です